2008年04月09日

バーでの会話

男「お一人ですか?」

女「ええ」

男「隣、いいかな」

女「どうぞ」

男「おや、この椅子ちょっと濡れてるなぁ。水だろうか」

女「あら」

男「(バーテンに向かって)ちょっと君、この椅子換えてくれ。まったく、困ったもんだね」

女「・・・・」

男「ところで君、ここへはよく来るの?僕は最近この近くに越して来てね、まだ友達がいないんだ。よかったら仲良くしてほしいな」

女「私なんかでよかったら。あなた、いくつなの?」

男「25。気に入ったかい?」

女「ぎりぎりってとこね」

男「ぎりぎり?セーフってことかな。よかったよ」

女「ええ、よかったわ。今日はもう無理かと思っていたの」

男「何が?」

女「食事よ・・・」

女は男に口づける。

男「!」

男の顔は恐怖に歪み、そして凍りついたように動かなくなる。






女「今日はまあまあだったわ。最後のはちょっと現実臭かったけど。それから、椅子。気を付けてよね」

バーテン「申し訳ありません。かなり瑞々しい方だったんですね」

女「夢の匂いがしたわ」



これはフィクションですが、今日はお腹が痛い。
posted by bonnie at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92798721
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。