2008年04月14日

チョコレートパニック

サクラ小.jpg

仕事の帰り、コンビニでチョコレートを買った。

無性に甘い物が食べたかった。

アメリカンに歩きながら食べようかとも思ったが、

なんとなくやめた。


部屋に辿り着けば、このチョコレートを思う存分食べることが出来る。


昔から、美味しいものは最後にとっておくタイプなのだ。

このチョコレートを、どうやって食べたら一番美味しいだろうか。


録画しておいた恋愛映画を観ながら?

読みかけのフィッツジェラルドを読みながら?

ドビュッシーを聴きながらってのもいいかもしれない。


チョコレートを食べる自分を幾通りも思い浮かべながら歩いた。


アパートの階段をリズム良く駆け上がり、
部屋のドアを開ける時には、中学生の頃好きな子と目が合った時のようにドキドキした。

靴を脱ぎ捨て、ソファに腰掛けるのももどかしく、
コンビニの袋を開けた。







チョコレートが、無い。



確かに買ったのに、無い。


あたしは何がなんだか分からなくなって、涙が込み上げてきた。

もしかしたら落としたのかもしれない。

でも探しに行く気にはなれなかった。


チョコレートが無いなんてことで泣くなんて、バカみたい。


そう思ったら、余計泣けてきて、

あたしは本格的に泣き出した。

ひとしきり泣いてみると、今度は何だか可笑しくなってきた。


あたしのチョコレート。


いったい今どこで何してるのかしら?

頭の中のメモ帳を一枚破って、チョコレートに手紙を書いた。

「チョコレートさんへ。

あなた今どこにいるの?誰かに踏まれたりしてない?

ホームレスのおじさんのおやつになったかしら?

もしかして全然違う、異世界への旅に出たのかもしれないわね。

だったら面白いかも。

とくに用事があって手紙を書いたわけじゃないの。

ただ、元気でね。あたしは元気です。

さようなら。」


それだけ書いて満足したあたしは、冷蔵庫から牛乳を出してきて、ココアを作った。

フィクションです。念のため。
でも、「こいつぁ絶対異空間に飛んだな」って思う失くし物、ありますよね。

そして、思わぬとこから出てくる。

時間の超越!!

posted by bonnie at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真、イィねぇ( ̄ー ̄)
こんな感じで泣きたくなること、ある。自分が食べとるんやけどね(゚Д゚)
Posted by キューピー at 2008年04月17日 12:54
キューピーさん

ありがとうございます!

あたしも大概自分で食べちゃってるんでしょうね〜。
忘れてますが;

・・いや、きっと何か得体の知れないものが食べちゃったんですよ!!
Posted by bonnie at 2008年04月18日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93386060
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。