2008年06月06日

オマル・ハイヤームはイランのランボー

宇宙のカケラ.png
今日はまだじゃがりことメロンしか食べてません。

スナックエンドウだと思っていたものが、スナップエンドウでした。

スナックのように食べるエンドウだと思っていたら、スナップ!って音がするエンドウだったのかどうかは分からないまま。

だいたい豆はあまり好きではありませんでした。


詩が好きな人はハイヤーム君の『ルバイヤート』を是非。イランのダヴィンチらしいです。あたし的には東洋のランボーです。酔いどれ詩人!素敵!!
フィッツジェラルドが英訳したと知って、『グレートギャッツビー』のフィッツジェラルドかと思って、さすがやるなフィッツ!愛してる!と思ったらエドワード・フィッツジェラルドで、彼はイギリスの自称変態詩人でした。ジェラルド違いでした。
posted by bonnie at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99613180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。